2時退社

-since 2004.11.9
 

calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
駄作
category
news
friends
bookmark
archives
recent comment
recent trackback
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
気付いたら
2万ヒット。
正直、焦る。
画商と対決してみた
先日、同期が

同期女「エビちゃんかわいいよね〜♪」
同期男「エビちゃん?えぇ〜。。。」
同期女「ダメぇ?じゃぁ、meta君はどう思う?」

って聞いてきたんですけど、僕はそのエビちゃんって人を知りません。
なんだかキャンキャンだかクンクンだか知りませんがファッション誌の専属モデルらしく今話題の人らしいのですが、、、顔と名前が一致しません。

僕が知ってるエビちゃんと言えば、ブラックタイガーか市川海老蔵ぐらいなんですがね。。。metaです。


ま、そんなことはどうでもいいんですけど、先日画商と対決してみました。今日は画商との一部始終をどうぞ。


休日に中学時代の友人から「荒木飛呂彦がユニクロTシャツデザインしたらしいぞ!」とメールが来たので、僕もどんなもんか流行発信基地である三宮に繰り出した訳ですよ。ってか流行発信基地ってなんやねん。

しかし、行ったユニクロ店舗には荒木Tシャツが置いてなく、少々がっくりしながら流行発信基地三宮を徘徊老人の如く徘徊してたのです。

そしたら、「どうぞ〜」ってなにかしらのブツを配ってるねーちゃんがいた訳ですよ。

ま〜こういうのってティッシュだったり、広告だったりするんですが、このねーちゃんが配っていたのはポストカードだったんですわ。

とりあえず、そのポストカードを受け取って、サラリと英国紳士顔負けのジェントルさで立ち去ろうとしたんですよ。英国紳士顔負けのジェントルさってなんやねん。

そしたら、そのねーちゃんが「あ、これ2枚組みなんですぅ〜」っと別の絵の描かれたポストカードをもう一枚。


meta「あ、どうも。」

ねーちゃん「ありがとうございますぅ〜」

ねーちゃん「あ、せっかくなんで観てってください」

meta「あ〜いいっす。」

ねーちゃん「あ、でもすぐ終わるんで。せっかくなんで観てってください。」

meta「。。。」


とりあえず、時間をもてあましてた訳ですし、このまま徘徊老人の如く流行発信基地をぶらついてもよかったのですが、ねーちゃんの言われるまま、なすがまま、立ち寄ることにしたんですわ。


そしたら、いきなり受付を通らされ名前&連絡先を書かされる始末。

このまま引き下がれねー。個人情報を取られたままタダで帰る訳にはいかねー。っと僕のハートに火をつけた訳ですよ。そのねーちゃん。

なんとなく、エロい空気を持ったねーちゃんだなと思っていたのですが、よく見たら、、、

ダメだ。。。実姉の方がきれい。おととい来やがれって顔をしてたんですわ。

今流行のエロカワイイって感じも捨てきれないので、エビちゃんってこういう人のことかとも思ったんですが、エビちゃんより北陽の「アブカワ」だろとか、でもやっぱ違うよなとかいろいろ考えてたら、、、


アブカワ「とりあえず、3階から観てってください〜」

っとなんだかいきなりワンツーマンデフェンス。


meta「(ほう〜、、、そう来たか)」

アブカワ「けっこう絵とか好きですかぁ〜?」

meta「ま〜。。。」

meta「伯父さんが画家ですから。」(←実話)

アブカワ「え〜!!!!ホントですかぁ〜!」

アブカワ「ぜひ観たいですぅ〜」


とりあえず、うざいこと山の如しな感じで、なんだかこれらは版画なんですよ〜とか最近注目されてる人なんですよ〜とかどうでもいいことをひたすら話しているので、話半分にたまーに無視ってひたすら絵を観て行った訳ですよ。


アブカワ「実は、ここにいらっしゃる方全員にお聞きしてるんですけどぉ〜、この中で好きな絵って挙げるとしたらどれですかぁ?」

meta「そうですね〜、、、じゃぁ、これ。」

アブカワ「えっ!これですかっ!この絵ですか?」

meta「まぁ、あえて挙げるとしたら。」

アブカワ「さすが、お目が高いですね〜!!」

meta「はぁ、そうですか?」

アブカワ「この先生の絵は、今一番注目されてて、実は私も好きなんですぅ〜♪」


はい、出ました。
まず、驚いてみせる。そして、客の目が高いことを褒める。
そんで、自分も好きとか言って無理やり共感し、客に親近感を沸かせようという手法。


アブカワ「絵って座って観た方がより分かるんですよ。」

アブカワ、椅子を持ってくる。

アブカワ「こちらにお掛けになってください。」

とりあえず、座ってみる。

アブカワ「ほら、光の当たり具合でも違うでしょ〜?」


どうやら、ここまで来ると彼らのタクティクス的には40〜50%は成功してるようで、既に周りを見渡すとねーちゃんと若い男性が二人して絵を前に話をしています。

なるほど、こいつらも同じ手口でそこに座ってる訳だな。

ってか、俺もあっちのねーちゃんの方がよかったな。。。


アブカワ「どうです〜?」

meta「はぁ、いいんじゃないですか」

アブカワ「さすがですね〜。ご親戚に画家がいらっしゃるから。かっこうもおしゃれですし。。。」


とこれ以上ない具合に持ち上げてくる。
ってか、こんな暑い日に黒の皮パンはいてる男がふつーじゃないことぐらい分かるだろ。ってか、引越し早々でこれしか私服ねーんだよ。


アブカワ「最近、絵を購入される方の平均年齢って知ってます?」

meta「知りません」

アブカワ「実はぁ〜、、、24.5歳なんですよ〜♪」

meta「はぁ。」


出た!
受付からの情報を有効活用するぜ手法。
俺がさっき25歳って書いたの見て言ってるに違いない。


アブカワ「学生さんでも買っていかれる方いますよ〜」

アブカワ「実は私も去年買っちゃったんですよぉ〜♪」


そんなこんなで、アブカワは俺のことを褒めちぎり、さらに買う人は若い人などとウソ800万を並べ、ひたすらしゃべり続けてます。

こっちも名前と連絡先がばれてしまったので、いろいろと絵に関する質問を投げかけたんです。それなりにアブカワも絵に関する知識はあるようで、勉強になりました。


そうこうしているうちに1時間もアブカワと話していることに気づき、けっこうこっちの質問にも答えてくれて、勉強になったので帰ろうと思ったんですわ。

しかし、上記の流れを読んでみてお分かりのように、もう「買う」って言わないと帰れない空気をアブカワが作り出してるんです。

おそらく、他の野郎どもも同じ境地に立たされている感じだ。


meta「1階も観ていいですか?」

アブカワ「ど、どうぞ。」


こういう場合は少しずつ少しずつじりじりと出口に近づくのがセオリーだ。
階段を下りながらも、アブカワと話を合わせつつ下がることで、ごく自然に、ごくごく自然に、エスケープしていく訳ですよ。

なんというか、こういう時でも僕の社交辞令が大車輪でして、さっさと「買う気ないですから!」とつかつか出ていけばいいんでしょうけど、「買う気はありそうだけど、今回は遠慮しておくよ。」的な“好印象な客”を演じたいんですわ。

というか、社交辞令の練習になると思って入ったので、最後まで練習しようと思ってたんですよ。


そうこうしてる間に、


アブカワ「けっこう若い方でも、分割で買っていかれますよぉ〜」


と、ローンもあるよ作戦に。
そろそろ相手もネタ切れらしく、ひたすら「この先生はいいですよ〜」「さすが、お目が高いです」と同じことの繰り返し。相手も疲れてきてます。うん、僕もお腹いっぱい。


さぁ、最後の帰るコール。

こういう「もう買うしかない」っという状況下で、如何に自然に、如何にジェントルに「帰る。」と伝えるか?

これが、重要なのである。

ここまで場を盛り上げに盛り上げといて、サクっと帰るのが英国紳士。

アブカワに「何?あの客!」と思わせないように、自然に帰る為に、僕は1時間も盛り上げたのだ。


<セールスに「何?あの客!」と思わせないようにお互い気持ちよく帰る法>
[繕發筌蹇璽鵑鯀箸鵑西豺腓覆評椶靴ぞ霾鵑鯤垢。
→今にも買いそうな雰囲気をアピールッ!
¬昌匹鬚發蕕辰董◆峺紊馬⇒蹐靴泙后彭なことを言う。
→「今買うんじゃないんだ。。。でも後で連絡くれるかも」とセールスの希望を残しておく。
「帰る。」というメッセージ。
→これがキモ。


ここまでの流れはお分かりいただけたであろうか?

買わないそぶりやぜんぜん興味がない空気を漂わせていると、奴らもプロですから、趣味やらなにやら聞いてきて無理やり話を盛り上げ、セールスにもっていくのである。
その為、あえて買う気を見せる。

そうすることで、セールスは「ふふっ一丁あがり!」的な心理になり油断が生まれるのだ。しかも、買う気を見せればそれ以上のしつこいセールストークはとたんに消える。


そこで、すかさず名刺をもらう。
これは、相手先の連絡をこちら側にも情報として取っておくための保険。
そして、連絡先を聞くことでさらに「おっこの客は買う」と油断させるのだ。

しかし、ここで間髪入れずに「それじゃ、また後日連絡します。」と。
ここで、セールスは「ええっ」と思う。
「今買うんじゃないの?」って感じだ。しかし、「後で連絡する」という次につながる約束をすることで、「この客は後で売れるかも」と心理的代償を提供するのだ。


そして、最後。
どうやって「じゃぁ今日は帰ります」というメッセージを伝えるのか?

どう言うかによってジェントルさに大いに影響する。

しかし、僕には思いつかなかった。。。

ダメだ、思いつかない。

しばし、沈黙の後僕が思いついたトドメノ一言は。。。


meta「実は昼飯食ってないんで、腹減ったので帰ります。」


ぜんぜんジェントルじゃないし。。。







<追記>
僕が入った時に既に二人の野郎が捕まっていましたが、僕が帰った後もまだ捕まってました。
ちなみにこの画廊に展示してあった絵はどれもクソで、観るに耐え難い代物でした。もし電話がかかって来たら、伯父さんの絵を逆に売りつけようと思います。
洋ナシ
が余ってるんです。
ものすごく。在庫で。


1700万円分も。。。


これを在庫のままにしておくのは、お百姓さんに怒られるというもの。
なので、新製品を作って売れ!ということに。。。

配属2週間で1700万円の洋ナシが重く僕の肩に圧し掛かりました。


ってか、洋ナシは百姓じゃない。農家だ。

たぶん、フランスのピエールさんの農園で採れた極上の洋ナシだ。
このままではピエールさんに頭が上がらない。


ってか、ピエールから洋ナシ1700万円も買ったの誰や?

ということで、配属2週間でいきなりプレッシャーに押し潰されそうなのを必死で堪えてます。


ま、そんなことはどうでもよくて、今日は神戸の女性についてのお話。


なんつーか、神戸ってオシャレってイメージがあるじゃないですか。僕だけかも知れないですけど、なんとなくオシャレ。

そんな神戸の女性もオシャレな感じがするんですよ。
そんな神戸嬢とオシャレ関係になりたいとも思うんですが、そんなに人生甘くない。いわゆる出会いがないって奴ですよ。ってか神戸嬢とオシャレ関係ってなんやねん。


出会いと言えば会社ですが、なんか聞くところによると、社内で恋愛関係になったりすると即効で地方に飛ばされるらしい。憧れのオフィスラブも夢に消えるってもんですよ。ま、そんなに憧れてはいませんからいいんですけどね。

たぶん、首脳陣の心理には「健全な会社環境で何を考えとる!」とでも思っているんでしょう。

「NO!オフィスLOVE」と書かれたポスターが貼られていそうですよ。



ま、そんなこともどうでもいいんですが、どっちにしても神戸の女性はオシャレだ。

たぶんね、名古屋嬢よりいいよ。
てか、名古屋嬢はなんか必死さが隠しきれない。

「どう?名古屋嬢よ!」ってなんか見栄みたいなものがあります。

その点、神戸嬢はそういう感じが無い。
なんでだろ?


とりあえず、給料の振込み用に先週作ったばかりの三井住友銀行の口座が、今日の業務停止命令により引き落とせなくなるんじゃないかという一物の不安を抱えながら寝ます。


ってか、ピエールから洋ナシ1700万円も買ったの誰や?
ショック!
え〜、この数日風邪で死にそうになりながらも出勤していたmetaです。

ひさしぶりのネット環境でいささか、メールの貯まりっぷりに驚きを隠せないんですが、そんなことはどうでもいいんですけど、って言いたいぐらいなショックが今週はいろいろありました。


今週は、ずーっと新入社員研修で、ずーっと講義でした。
それも今日の午前で終わったんですが、食品会社の裏事情とか、社員の裏事情とか、あんなことやら、こんなことやら、エロエロ、、、もとい、イロイロ教えていただきました。


研究部のレベルの低さに驚き、食品会社にもかかわらず微生物の知識の低さに驚き、美人として“西の横綱”の異名を取るYさんには彼氏がいることに驚き、この前講師についた先輩が若そうなのに30近いということに驚き、、、。(ま〜Yさんはいるよな〜ふつー。。。)

と、いろいろありました。


ま、そんなこともどうでもよくて、何を驚いたのかと言うと、人の数。

多いんじゃなくて、少ないという感じ。

うちの会社みたいに全国展開してるような会社の開発部ってのは、もっとスタッフが多いと思ってたんですよ。

当然、デザート部門なんかも最低でも10人ぐらいはいるだろと思ってたら、、、5人ですよ!

ということは、俺の入る前は4人ですよ。

うちのデザートは現在12〜13品目ありますが、それを4〜5人でやっていたと?


そりゃ、サービス残業にもなるわな。。。と驚きを隠せない自分でした。


それで、先日書いたように、、、


女子社員A「やっぱ、もうちょっと甘くした方が良くな〜い?」

女子社員B「でも、酸味もほしいわ」

俺「そうですね〜。もうちょっと甘みも酸味もほしいですね〜」

女子社員A「やっぱ?そうだよね〜!」

女子社員B「やっぱmeta君わかってるぅ〜!」


ないなと思ってたんですが、こういう状況になったんですわ、これが。


すっごいほんわかした会社です。


今日はプリンとか作っちゃいました。
25歳男、午後1時からプリンを作って、食う。


今日の業務内容です。
現在マイミクのみなさんにお願い
結構高いですね、mixi率。

同期でも。


幸い、僕は本名で登録してないので同期にはバレずに済みました。
こんなアホサイトがばれたら試用期間前に退職届けを出すことになること必至です。


ということで、ここのURLとmixiのRSSは近日中に解除します。
よって、mixiからは飛べません。


貴殿のブラウザの「お気に入り(ブックマーク)」にここのURLを追加して頂けたら幸いです。

2時退社
できれば、2時に退社したいマッドサイエンティストのネタ帳。

・管理人
meta

・当サイトについて
転載&引用、リンク&紹介、罵倒&批判、求愛&求婚etc.なんでもかんでも常識的範囲内でよろしくお願いします。特に承諾を得る必要はありません。

・アフィリエイトについて
このサイトではリンクにアフィリエイトを利用しているかも。

・免責事項
このサイトの内容で発生した損害については、ひきょうだけど、全て免責とさせていただきます。掲載している内容に問題がありましたら、メールにてどしどしご応募ください。

三流サイト運営者リング   「こそこそ同盟」gpd(w)

name

mail

message  

アクセスランキング

人気ブログランキング
review
<思想>
死の壁
バカの壁
ザ・プロフェッショナル

<ノンフィクション>
深夜特急
recommends
moblie
qrcode
others
search in this site